スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.04.29 Wednesday | - | - | -

Bach ストライキ

Vincent Bachのストライキはまだ続いているようです。
労働組合側のWebページを見つけました。
http://www.connselmerstrike.com/(英語です。)
一部には日本語のページや、野中貿易について触れてるページもあります。
http://www.connselmerstrike.com/Nonaka%20Japan.htm
これには、野中貿易は、Conn-Selmer(コーンセルマー;バックの製造会社)の最大の取引先であること、今まですばらしい楽器を取り扱ってきた野中貿易の名前が汚れるから、野中貿易はコーンセルマーの労働弾圧に抗議せよ! などと書いてあります。
2007年3月18日に横浜の野中貿易の前で抗議集会があったようです。


最大の取引先を失う → コーンセルマーにとって痛い

と考えたのでしょう。

しかし、コーンセルマーの親会社のSteinway(スタインウェイ;ピアノで有名)はバックだけでなく、コーンや、キング、ホルトンなどのブランドも持っています。
バックがなくなったとしても、これらのブランドがあるのです。
バックがなくなることをまったく恐れていないのかもしれません。




現在は、労働組合に入っていない若い職人が中心となって、細々と楽器を作っているようです。
ですが、トランペットだけで、トロンボーンは作っていないようです。

品質は当然ながら、悪くなっているのでしょう。

今後、どうなるのでしょうか?



(1)Bach復活
「Dana's only hope of bringing back the BACH LINE!」こんなことも書いてありました。
難しい気がします。

(2)消えていく。
こっちのような気がしています。
復活してほしいですが。


この前、新大久保のDacに行ったら、Bachのトロンボーンが1本もありませんでした・・・




by Bach B50を吹く人。

Tag :

2007.05.17 Thursday 00:10 | Trombone | comments(3) | trackbacks(0)

Vincent Bach

このブログに検索エンジンから来る人は、だいたい、「Bach ストライキ」と入れているようなのですが、この話。
石橋楽器という店のwebサイトのトロンボーンのところには、「現在、BACH U.S.A製品は工場でのストライキが長期化しているため生産が止まっており、入荷の予定が立っておりません。」と書いてあります。
本当に日本でも影響が出てきたみたい。
そういえば、昨日ウィンドクルーに行ったけど、Bachの楽器はあまりなかった気がする。ゲッツェンのバストロは3つもあったけど。

ストが終わっても、楽器の品質が落ちて売れなくなるのではないかという見方もあります。

それ以外にも、原油高の影響で、いろんなものが値上がりしていたり、これから値上がりするっていうのもあるらしいです。
2006.08.28 Monday 15:30 | Trombone | comments(0) | trackbacks(0)

楽器を買って

バストロンボーンを買いました。
↓↓↓

pasaune-basso
生まれてから、1番大きな買い物。
音が、よく鳴ってくれます。
使いやすいです。

ただ、重い......





新潮文庫のYonda? CLUBの商品がほしい。
Yonda?


このどっちか。

期限は2008年9月25日なのでまだ2年以上あります!

これからがんばって、電車の中で、本をたくさん読みます。



2006.07.08 Saturday 23:29 | Trombone | comments(3) | trackbacks(0)

Bachがストライキ?

日本トロンボーン協会の掲示板とかhttp://posaune.seesaa.net/とかsouthbendtribune.com(英語)によると、バックの従業員が3月からストライキしていて、楽器をほとんど作っていないらしい。
中国製の安い楽器に対抗できなくて、従業員の給料を下げようとしたら、ストライキになったっていう話らしい。

でも、普通にBachの楽器売ってるし、まだ大丈夫なのかなあ?


2006.07.01 Saturday 21:33 | Trombone | comments(0) | trackbacks(0)